緩和ケアに関われる調剤薬局の求人

調剤薬剤師求人TOP >> ケース別 >> 緩和ケアに関われる調剤薬局の求人

緩和ケアに関われる調剤薬局の求人

日本の死因第一位はがんです。日本人の3人に1人はがんで命を失っているのが現実です。それゆえにがんの治療や緩和には非常に注目が集まっています。現在は医療業務に携わる医師や看護師だけではなく、薬物治療を行うためには薬剤師が担う役割も多くなっています。

がん患者への緩和ケア業務は病院で行われることもありますし、自宅で行うこともあります。最近では最期を自宅で迎えたいと希望する患者さんも増えてきているようです。そのような患者さんが経験する不安や苦痛を解消するためにも、調剤薬局で勤務する薬剤師が必要とされています。

在宅での緩和ケアに行うためには、認定薬剤師の資格を取得する必要があります。まず在宅薬剤師としての在宅療養支援認定薬剤師と、がん治療において痛みを緩和させる薬物治療をするためには緩和薬物療法認定薬剤師の資格が必要になります。どちらも、一定の研修や講義に参加することや事例報告、最終試験の合格など決して簡単に取得できる資格ではありませんが、医療の現状を考えると、今後薬剤師に求められる資格の一つになりそうです。また薬局薬剤師として勤務しながら取得することができる資格です。

緩和ケア、特に在宅医療の場合は、医師や看護師と密に連携が求められるチーム医療です。がん治療に関わる薬学知識も必要とされますが、それに加えて医療従事者間で患者さんと家族とのコミュニケーション能力が求められます。また薬剤師は患者さんや家族と接する機会も多いため、患者さんと医師とのパイプ役としての役割も果たすことになります。

現在でも在宅医療や緩和ケアに積極的に取り組んでいる薬局は多くあります。こうした求人は人口が集中する都市部でもありますし、高齢化が進む地方都市においても見つけることができます。認定薬剤師の資格があるとしても収入面で必ずしも優遇されるわけではありません。しかし、今後は必然的に求人情報も多くなることが予想されます。

緩和ケアに携わるとは、患者さんの死に接することも多くなり精神的にも大きな負担になることがあります。身近で身体的にも精神的にも苦痛を経験していく患者さんを見守るのはとても辛いことです。しかし、最期まで患者さんのことを考え最善を尽くした医療を提供することで、完治することのない病であっても患者さんや家族から感謝の言葉を受け取るときには、言葉では表せない気持ちになります。「この仕事をしていてよかった」と感じる薬剤師も多くいます。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.