育児休暇が取得できる調剤薬局の求人

調剤薬剤師求人TOP >> ケース別 >> 育児休暇が取得できる調剤薬局の求人

育児休暇が取得できる調剤薬局の求人

薬剤師のうち約60%は女性です。女性薬剤師の場合、結婚や出産などによって現場から離れてしまうことが多くあります。しかし、薬剤師不足の現在、出産や育児との両立ができれば仕事を続けたいと願う女性薬剤師も多くいます。

日本では育児のために休業取得が可能という法律が定められています。育児休暇を取得するためには、まず同じ調剤薬局で1年以上勤務していることが必要です。たとえ転勤や異動があったとしても、同じ系列の調剤薬局で勤務しているなら資格取得することができます。そしてもう1つは子供が1歳になったあとも、同じ職場で1年以上勤務することが条件になっています。1年以内に退職予定であれば育児休暇を取得することはできません。

それでも、実際には育児休暇が取りにくいと感じる職場が多いようです。もしくは上司に休暇申請を出しにくいと感じる意見もあります。理由としては職場の薬剤師数がギリギリのため、育児休暇を取得すると同僚に迷惑をかけてしまうと感じていたり、実際に育児休暇を申請すると退職することを勧められてしまう調剤薬局もあるようです。

育児休暇が取得できる調剤薬局の特徴としては、働いている薬剤師の女性の割合が多い薬局は育児休暇が取得しやすい傾向があります。自分と同じような境遇にある場合、理解してもらいやすいはずです。また求人募集の欄に「育休取得実績のある職場」と記載されている案件も最近は増えています。このような調剤薬局では、これまでに既に育児休暇を申請し取得した薬剤師がいるということです。安心して育児休暇を申請することができます。育児休暇が調剤薬局の就業規則内で定められていることもあります。

薬局側の理解と協力があれば、育児休暇前までは正社員として働き、休暇後はパート社員として職場に復帰することも可能です。休暇後にまた正社員として働きたいものの、まだ子供が小さいうちはなるべく育児に時間を取り分けたいと願うものです。パートやアルバイト勤務でもOKという職場であれば、育児休暇も取りやすく、安心して職場に復帰することができるでしょう。

一昔前にくらべるとだいぶ育児休暇に対する考え方や見方が定着してはいますが、いまだに取得が難しい部分があるのも事実です。もし女性薬剤師で今後、結婚や出産もライフプランとしている場合は、あらかじめ育児制度が整っている、または育児休暇取得実績のある職場の求人を探してみることがおすすめです。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.