地域貢献できる調剤薬局の求人

調剤薬剤師求人TOP >> ケース別 >> 地域貢献できる調剤薬局の求人

地域貢献できる調剤薬局の求人

地域に貢献できる薬剤師になるためには何が必要でしょうか。薬剤師と聞くと、病院や薬局にいて病気や怪我をしたときにお世話になる職業というイメージを持つかもしれません。しかし最近注目されているのは、健康づくりに貢献できる薬剤師、病気にならない環境づくりをお手伝いする薬剤師の働きです。

勿論、薬剤師だけで出来る事には限界があります。今後薬剤師が地域貢献を考える時には、より一層の医師や看護師との連携が必要になってきます。医師や看護師などの医療従事者との協力により、薬剤師が病気の早期発見や今後の在宅医療に欠かせない存在となることができます。

また地域の患者さん一人一人とのよいコミュニケーションをとることも欠かせません。よく医療従事者の理念として病気を診るのではなく人を診るように、と言われることですが、同じことが調剤薬局の薬剤師にも求められています。その積み重ねにより、患者さんからの信頼と安心を得て地域から慕われる薬局薬剤師となることになります。

地域貢献の分野で今でも必要性が高いのは在宅医療に関する分野です。2013年より、在宅医療支援を行う薬剤師のための認定薬剤師制度が開始されています。この認定薬剤師になることで、超高齢社会を迎えている日本の地域医療に貢献することができます。調剤するだけではなく、患者さん、特に外出することが難しい高齢者の方の自宅を訪問し服薬指導や薬歴管理を行います。ここでも患者さんとのコミュニケーション能力が一層必要とされます。可能であれば、各都道府県の薬剤師会や大学などで開催されているバイタルサイン講習会などに参加しておけば、訪問時の患者さんの様子の変化や薬の効果などを薬剤師としての立場からも確認することができ、加えて医師とのよい連携を取り地域に密着した医療提供に貢献することができます。

ここ数年の間に在宅医療や在宅緩和ケアなどに積極的に取り組んでいる調剤薬局が増えています。大手調剤薬局でも研修などを開いているところもありますし、中小規模の調剤薬局では一層地域に密着した医療提供が可能です。それぞれの薬局で地域貢献できる分野も異なるので、自分が薬剤師としてどのように地域医療に貢献したいと考えているのかを明確にすることで、自分の希望に合った求人を探すことができます。

地域に密着した医療を提供することで、薬剤師としてのやりがいも感じる機会が増えます。患者さんの治療に貢献できている、地域の人たちに必要とされていると感じる環境で仕事ができるのは素晴らしい事です。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.