調剤薬剤師の仕事内容

調剤薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 調剤薬剤師の仕事内容

調剤薬剤師の仕事内容

調剤薬剤師というのは、同じ薬剤師の資格を持っていても、病院やクリニックなどにいる薬剤師と仕事内容が若干変わってきます。調剤薬剤師の仕事内容は、簡単に説明すると、病院などを受診した患者さん自身が持参してきた処方箋通りに薬を調合し、そのお薬の特徴や飲み方、飲み合わせ、副作用など薬のありとあらゆる情報をわかりやすく説明するのが主な仕事内容となります。以前までは、ほとんどの病院で薬は処方されていましたが、今は院外処方が大半を占めるようになってきました。病院やクリニックの近くに調剤薬局があることも多くなってきているため、薬剤師が活躍する場も広がってきています。

もちろん、薬を処方し作用や飲み方の説明で一日が終わっていくかと言えば、そうではありません。調剤薬局で医師から出された処方箋を持ちこんで薬を処方してもらう患者さんにも再度保険証を提出してもらうことになるため、保険証の有効期限だったり保険証番号に間違いがないか、また近年はお薬手帳を持っている患者さんも多くなってきているため、他に服用している薬との相性などを細かくチェックするのも薬剤師の立派な仕事となります。仮に、毎回確認をする作業の中で少しでも疑問に生じるようなところがあった場合、患者さんが受診した病院に問い合わせ確実に問題がなくなってからの薬の調剤となるため、単調な仕事のように見えて実は多忙を極めます。

薬も多様化しており、常温で保存できるものもあれば冷暗所に保存をしなくてはいけないもの、服用の仕方が変わってくる薬などいろいろな種類があります。薬と言うと食後に飲むものという認識を持っている方も多いため、薬を安全に、また効能をしっかりと発揮させるために、薬の服用の仕方、保存の仕方についてはきちんと説明をすることが大切です。

調剤薬剤師という仕事は、大手企業から中小企業など様々ですが、薬剤師不足ということもあって求人数は少なくありません。どちらかといえばよく見かける仕事ですし、新卒に限らず中途でも採用しているケースも多いため景気に関わらず転職はかなり有利となります。ですが、どうしても行きたい企業があったり通勤圏内が決まっていたりすることもありますので、条件に沿った求人を見つけるとなると、場合によっては求人数が少なくなることもあるでしょう。そのような時にも、転職エージェントなど転職専門の求人サイトなら条件に沿った求人を見つけることができるため、地域差も影響する薬剤師の求人であっても、納得のいく職場が見つけられるでしょう。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.