調剤薬剤師にありがちな悩みを知ろう

調剤薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 調剤薬剤師にありがちな悩みを知ろう

調剤薬剤師にありがちな悩みを知ろう

どんな職業であっても、実際に働いてみると仕事上の悩みはあるものです。薬剤師であってもその職業ゆえに悩むことがあります。あらかじめ知っておけば、今後の就職や転職時に役立つこともあります。

調剤薬局で働く薬剤師ならではの悩みとしては、年収の低さがあります。薬剤師の平均年収は約500万円程度とされています。薬局薬剤師の場合、働く地域や薬局の規模にも左右されますが、年収は約350万円から600万円と差があります。地方都市であれば多少高収入を期待できますが、薬剤師も多く住みやすい都心部であれば高収入は期待できません。また病院勤務の場合、勤務年数や役職に就くことによって昇給がありますが、薬局薬剤師の場合は病院薬剤師と同等の昇給は難しいのが現状です。苦労して取得した認定薬剤師の資格があっても、収入面に直結しないものもあります。

単調な仕事が多いことも悩みの1つです。薬品の数や種類が少ない調剤薬局であれば、同じような調剤・製剤業務を毎日繰り返し行うことになります。とはいえ、ミスがあれば患者さんの命に関わることもあるため許されません。様々な症例や患者さんに接することや医者、看護師と連携して行うチーム医療を期待していた薬剤師にとっては、単純作業に疲れてしまうこともあるようです。

どの職場でもそうですが、調剤薬局で働く薬剤師にとっても一番の悩み、ストレスの原因となるのは人間関係です。病院であれば大人数で働く環境であり、ドラックストアであれば時間や曜日によってスタッフの入れ替わりがあります。しかし中小規模の調剤薬局の場合、少人数で長時間の勤務を限られた空間ですることなります。気の合う薬剤師で勤務することができれば、環境の良い職場ともなりますが、閉鎖的な環境ゆえに人間関係の問題は生じます。自分自身は良好な人間関係を築けたとしても、同僚同士または上司とのピリピリした環境で仕事を続けていくのは非常にストレスになります。可能であれば、就職・転職前に求人情報だけではなく、実際に調剤薬局を訪問して仕事環境や人間関係などを自分の目と肌で感じておくとよいでしょう。

他にも薬剤師が少ない薬局では仕事量や残業が多いことがあります。スキルアップができずに将来を不安に感じる薬剤師もいるようです。

すべての調剤薬局に勤める薬剤師が同じような悩みを抱えているという訳ではありません。しかし事前に職場環境を知っておくなら、安心して仕事を楽しむことができます。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.