調剤薬局の今後・将来性について

調剤薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 調剤薬局の今後・将来性について

調剤薬局の今後・将来性について

薬剤師として働いていても将来を不安に感じる要素があるものです。今までは薬剤師不足と言われ、薬剤師の求人は常に豊富にありました。病院、薬局、ドラックストアと就職・転職先も比較的容易に選ぶことができました。しかし、薬学部が6年生に移行し薬科大学も多く新設されたことで、数年先には薬剤師の過剰供給になるのではないかとの見方も出てきています。

調剤薬局で働く薬剤師は、年収や休日・休暇の面では比較的恵まれた環境で働くことができると考えらえています。薬局勤務を数年することで管理薬剤師にもなれますし、経験年数が増えると年収も上がります。とりわけ地方の調剤薬局ではいまだに人材不足の問題が解消されていないため、高収入での求人募集がされています。

現在の調剤薬局に働く薬剤師には、セルフメディケーションに関わることが求められています。患者さんが自分の健康に責任を持ち、軽度な体調不調は自分で手当するということです。例えば、風邪を引いたと思い薬局にきた患者さんの症状や状態を把握し、OTC医薬品で治療が可能なのか、それとも実は風邪ではなく他の疾患を患っているため医療機関に行くべきなのかを見極める能力を期待しています。これを実現するためには、薬剤師に高度な医学知識と経験が必要です。

現在の薬学部ではこうした必要に合う薬剤師の教育育成に力が入れられています。既に調剤薬局で働いている薬剤師にも、自分の能力や知識を向上させ続ける努力が求められています。例えば薬局によっては薬品数が限られ、毎日同じような処方箋の対応になることがあります。薬学知識や薬品名を知るためにも、なるべく多くの種類を扱っている薬局で働くことも今後に生かされます。

また今後は、専門性をもつ薬剤師であることも大切です。薬剤師としての資格だけではなく、専門薬剤師もしくは認定薬剤師の資格を取得することです。研修を受講したりしなければいけないので時間や努力が必要ですが、薬剤師としての付加価値を持っていることが転職時にも有利になります。最近では高齢化が進み、在宅医療に積極的に取り組む薬局も増えています。在宅薬剤師としての認定資格を取っていれば、薬局勤務だけでなく、更に必要とされる環境で活躍することができます。

調剤薬局の薬剤師の需要がすぐになくなるという状況ではありませんが、今後はより専門的な知識や資格をもつ薬剤師が必要とされます。今から対応しておくことが将来も活躍するポイントになりそうです。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.