病院薬剤師と調剤薬剤師の違い

調剤薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 病院薬剤師と調剤薬剤師の違い

病院薬剤師と調剤薬剤師の違い

同じ薬剤師の資格を持っていても、調剤薬局で働いているという方もいれば病院薬剤師として働いている方もいます。薬剤師の主な仕事は調剤ですので、この点については調剤薬剤師も病院薬剤師も仕事の内容はさほど変わりません。しかしながら、病院薬剤師と調剤薬剤師には決定的な違いがあります。まず最も大きな違いに挙げられる仕事が、病院薬剤師は入院されてい患者様など調剤薬局には来られない重たい病気を抱えている患者様を直接服薬指導することができるという点です。これを病棟服薬指導といいますが、間近で患者様の状況を見ることができるため、調合する薬を適切なものに変えていくことで患者様の症状を緩和し改善していくことができます。

また、調剤薬局では行うことができないのが注射や点滴など調剤薬局では扱うことができない薬を調合したりすることができるのが病院薬剤師のもう一つの特徴となっています。よって、これらの知識も同時に持ち合わせることができます。チーム医療として医師と看護師と連携を取りながら業務を行っていくことになるため、病院薬剤師と言うのは調剤薬剤師以上にコミュニケーションを取っていかなければいけないというのももう一つの違いになるでしょう。このように病院薬剤師には調剤薬剤師ではできない業務を担うので魅力に感じられる方も多いようですが、病院に勤務することからも推測できると思いますが、夜勤や当直などを月に何度か行わなくてはいけなくなる可能性があります。

それに加え、調剤薬剤師の仕事は残業も少なく当然のことながら、夜勤や当直はありません。残業はあってもさほど遅い時間にはならないため、プライベートの時間もしっかりと確保できます。クリニックや病院の近くにある調剤薬局になると病院などがお休みの時に合わせて薬局も休みになるため、日曜祝日が休日となるケースも多いことから、病院薬剤師ではなく調剤薬剤師を希望される方も多いようです。

どちらが良い、どちらが悪いとは一概に言うことはできません。どちらにも魅力はありますし、難点やそれぞれの考え方でデメリットとなる部分が出てきます。100%自身が希望する職場を見つけられるかといえば、すべてが希望に沿った職場を見つける方が難しいのも事実です。しかし、転職エージェントなどを活用することで自分の条件や希望に最も近い職場をプロのコンサルタントが一緒になって探し見つけてくれますので、満足のいく転職をすることができるのです。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.