英語力を活かして調剤薬剤師として転職

調剤薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 英語力を活かして調剤薬剤師として転職

英語力を活かして調剤薬剤師として転職

薬剤師は不足していると言われているのが現状ではあるものの、これから確実に需要よりも供給の方が増えることが予測され、薬剤師も資格の持ち腐れとなってしまう人が増えるのではないかと言われています。つまり、今はまだ不足していてもあと十何年もしないうちに薬剤師が過剰となり、仕事をしたくてもできない人が出てくるということなのです。薬剤師はどの仕事に比べても給料もどちらかといえば高い方ですし、かなりやりがいを感じられる職種の一つともなっているため、できることなら宝の持ち腐れにならないに越したことはないのです。

しかしながら、人と同じスキルを持っているだけでは今後は厳しくなる可能性も高くなるため、併用して英語力を身につける努力をされている薬剤師の方も年々増加傾向にあると言われています。ということは、薬剤師と言う同じ資格を持った人のスキルに英語力がプラスαされるため、働ける職場の幅が広がり、その分就職もしやすくなるということになるのです。

調剤薬剤師が必ずしも英語力が必要かと言えばそうではありません。仕事の内容によっては英語力がなくても、薬剤師の仕事は十分にできるからです。ですが、外国人が多い地域での転職活動、調剤薬局からいずれは製薬会社や医薬品メーカーなど外資系企業に勤めるというビジョンを掲げている方になれば、やはり英語力を身につけておくのは十分プラスになるのです。

中にはすでに英語力を身につけている方もいるでしょう。そのような方に人気となっている職場は、空港内の調剤薬局や外国人利用客の多いホテルなどです。しかしながら、これらの職場は普通に仕事を探したところで見つけることは非常に困難を極めます。どちらかといえば、一生のうちでも見かけることはなかなかできない求人です。

それなら働くことができないかといえば、そうでもありません。転職エージェントには、空港内やホテル内の薬剤師の求人が寄せられることもあるため、上手に活用することによって、英語力を活かした理想の職場を見つけることができるのです。仮に今現在、薬剤師専門の求人サイトにこれらの求人がなかったとしても、プロのコンサルタントが自身の手となり足となりありとあらゆる手段を使って求人を見つけてくれることもあります。一人の力ではどうすることもできなかったことが、簡単な登録を済ませることで求人を見つけることができるのですから、利用しない手はありません。

実績あり!薬剤師専用の転職支援サービス人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> リクナビ薬剤師の公式サイトを確認する <<


Copyright (C) 2014-2017 調剤薬剤師求人サイト【※失敗しない転職なら!】 All Rights Reserved.